シンザン系確立したい

Winning Post 8シリーズ 系統確立メモ

シーズティジー系確立 08年末ノーマルBモード

シーズティジー 2300万 ☆
自家生産馬 1400万 ☆
ティズナウ 1400万 ☆
自家生産馬 1050万 ☆
自家生産馬 550万 ☆
自家生産馬 350万 ☆
自家生産馬 250万 ☆
自家生産馬 150万 ☆

☆マークは所有した馬
日本で5%の条件で確立
シーズティジーは非所有だと01年末に引退するので、所有した方がいいです

シーズティジーを所有した場合は、2014年がリミットになります
シーズティジーの確立を狙う場合ティズナウの確立も狙う場合が多いでしょうし、ティズナウ確立の過程での確立を狙うといいです
自家生産は手が空いているときにする程度で
実際、ティズナウの産駒が活躍し始めたタイミングでの確立で、ティズナウの種付け料が高めになっています

また、今回の例では種付け料の合計がかなり少なめになっていますが、後継種牡馬の多くがすでに産駒がデビューしており、
ティズナウの73頭を筆頭に、全体で現役産駒が209頭も居て、かなり支配率に貢献しています
競走馬が日本全体で約4000頭なので、競走馬数だけで約1.3%ほど支配率を稼いでいる計算になります


シーズティジーは現役時には6戦3勝、スーパーダービーで3着がありました
種牡馬としては、BCクラシックを連覇したティズナウを筆頭に多くの活躍馬を出しました
ほかにも、ティズナウの全兄でGⅡを4勝しBCクラシックなどGⅠで3度の2着があったBudroyale(未収録)や、
GⅠ3勝・2001年の最優秀4歳以上牝馬のグルメガール、エンシェントタイトルS(GⅠ)を勝ったCost of Freedom(未収録)が居ます
母父としてはいまいちです

SP系を継承
シーズティジー

オナーアンドグローリーとあわせてリローンチが親系統昇格
リローンチ親
  1. 2017/06/28(水) 01:00:00|
  2. ウイニングポスト8 2017 系統確立メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オナーアンドグローリー系確立 04年末ノーマルBモード

オナーアンドグローリー 2300万
自家生産馬 1500万 ☆
自家生産馬 1500万 ☆
自家生産馬 1350万 ☆
自家生産馬 1300万 ☆
自家生産馬 1000万 ☆
自家生産馬 750万 ☆
自家生産馬 400万 ☆
自家生産馬 350万 ☆
自家生産馬 300万 ☆
自家生産馬 250万 ☆
自家生産馬 200万 ☆
自家生産馬 200万 ☆
プットイットバック 200万

☆マークは所有した馬
リミットは04年

オナーアンドグローリーは馬名が長いので所有できません
3歳で現役引退するので、97~99年の3年間種付けして生まれた馬が確立に利用できます
(正確には、現役競走馬数が支配率に影響するので、00年に種付けして生まれた産駒も無駄ではありません。余裕があれば00年も種付けした方がいいです)

こういうギリギリの確立では、お守りボーナスの牡牝産み分けが非常にありがたいです
ダート馬や晩成馬ばかり生まれると困るので、繁殖牝馬は早熟芝馬を揃えたほうが良いです
オナーアンドグローリーの血統ではあまり爆発力は期待できないので、繁殖牝馬の仔出しを重視
スピードがCくらいの馬でも、頑張って重賞2~3勝させて種牡馬入りさせるのが大事です

プットイットバックは競走馬として登場せず、01年末に種牡馬として登場します
牝馬ですが、初年度産駒にネームヴァリューが居るので、ぜひ所有した方がいいです

確立が被りそうなゴーンウエストやエーピーインディ、デインヒルは先に確立させたり、妨害したりした方がいいです


オナーアンドグローリーは現役時にはメトロポリタンHを勝ちました
ほかにフロリダダービー2着やBCスプリント3着、GⅡ時代のキングスビショップS勝ちなどがありました
種牡馬としてはBCJFを勝ったCaressing(未収録)やチャーチルダウンズSを勝ちGⅠで多くの2・3着があるBattle Won(未収録)などを出しました
日本では帝王賞を勝った上記ネームヴァリューやバイオレットSを勝ったマイネルエーレ(未収録)などが活躍しました
また、アルゼンチンにもリース供用され、南米でも多くの活躍馬を出しています
母父としては先日エプソムカップを勝ったダッシングブレイズや、今年の佐賀記念を勝ったロンドンタウンが出て、今年になって躍進しています

SP系を継承
特徴としては3代続けて根性因子を持っていること。自家生産馬の根性はほとんどがSかA、Cは1頭も生まれませんでした
リファールが親系統になっていれば爆発力を稼ぎやすいですが、この馬を種付けする頃までに親系統まで持っていくのはなかなか骨が折れます
オナーアンドグローリー
  1. 2017/06/26(月) 01:00:00|
  2. ウイニングポスト8 2017 系統確立メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オナーグレイズ系確立 99年末ノーマルBモード

オナーグレイズ 2300万 ☆
自家生産馬 950万 ☆
オナーグライド 950万 ☆
自家生産馬 900万 ☆
自家生産馬 800万 ☆
自家生産馬 800万 ☆
自家生産馬 800万 ☆
自家生産馬 600万 ☆
自家生産馬 550万 ☆
自家生産馬 550万 ☆
自家生産馬 500万 ☆
自家生産馬 500万 ☆
自家生産馬 400万 ☆

☆マークは所有した馬
日本で5%の条件で確立
他の確立との兼ね合いで、99年に確立したかったのでちょっと急ぎました
普通ならもう少し時間をかけて確立させるところです
オナーグレイズを3歳で引退させたあとは、3年間毎年30頭以上種付け
オナーグレイズは成長型早熟で成長力も無いので、大物が生まれにくいので数で補う。エディットすれば難易度が下がります
オナーグライドは上手く使えばもう少し高額で種牡馬入り出来たかも

オナーグレイズは兄弟にサマースコールやエーピーインディが居る超良血馬
自身はGⅢ2着がある程度でした
種牡馬としては、セクレタリアトSやソードダンサーHを勝ったオナーグライドやBCディスタフを勝ったアドレーションなどを出して、そこそこ成功しました

SP系を継承
因子を持っているわけでもなく、確立の意義は薄いです
オナーグレイズ
  1. 2017/06/24(土) 01:00:00|
  2. ウイニングポスト8 2017 系統確立メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リローンチ系確立 94年末ノーマルBモード

リローンチ 2800万
ワクォイット 1500万 ☆
スカイウォーカー 1350万 ☆
 ↳バートランド 1500万 ☆
シーズティジー 1100万 ☆
自家生産馬 1100万 ☆
自家生産馬 850万 ☆
自家生産馬 650万 ☆
トーヨーリファール 800万 ☆
自家生産馬 400万 ☆
自家生産馬 100万 ☆
海外セリ購入馬 50万 ☆
海外セリ購入馬 50万 ☆

☆マークは所有した馬
世界で2%の条件で確立
リミットは95年
史実馬だけでは足りないので自家生産が必要
今回は所有できる史実牡馬はすべて所有しました
他に所有したい馬がいれば、シーズティジーとバートランドは史実産駒が居て種牡馬入り確実なため所有しなくてもOK
ワクォイットは史実産駒が居ないため、所有必須
スカイウォーカーは非所有だと91年末に種牡馬引退してしまうため、所有が必要
トーヨーリファールは非所有だと97年まで競走馬を続けるので、所有が必要

最初から種牡馬で居いるので、長期間自家生産を行えるため、確立難度はあまり高くありません

父からSP系を継承
種牡馬因子はありませんが、ネアルコを一切含まないので配合相手には困りません
リローンチ
  1. 2017/06/22(木) 01:00:00|
  2. ウイニングポスト8 2017 系統確立メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テンポイント系確立 91年末ノーマルBモード

テンポイント 2750万
 ↳自家生産馬 11頭 計9100万 ☆

☆すべて自家生産馬なので簡略化
テンポイントはスペシャル種牡馬なので開始時に導入
リミットは2000年
前年にコントライトを確立した流れで、確立

母から特性を継承して無特性に
これ以上血統表を豪華にすることは出来ません。ウイポ的にはあまり良い血統だとはいえませんね
テンポイントを組み込んだ配合を計画するなら、下手に確立するよりも、確立せずにSP系であることを利用したほうが良いかもしれません
テンポイント
  1. 2017/06/21(水) 01:00:00|
  2. ウイニングポスト8 2017 系統確立メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コントライト系確立 90年末ノーマルBモード

コントライト 650万
テンポイント 2600万
 ↳自家生産馬 1300万 ☆
 ↳自家生産馬 1000万 ☆
 ↳自家生産馬 750万 ☆
 ↳自家生産馬 700万 ☆
 ↳自家生産馬 450万 ☆
自家生産馬 1250万 ☆
自家生産馬 350万 ☆
自家生産馬 300万 ☆
CPU生産馬 50万 ☆
CPU生産馬 50万 ☆

☆マークは所有した馬
リミットは90年
テンポイントはスペシャル種牡馬なので開始時に導入
コントライト確立を狙う場合は、ほぼ確実にテンポイントにつなげるためのものでしょうし、基本的に自家生産はテンポイントに種付けすればいいです
種牡馬エディットでコントライトやテンポイントの能力を上げれば、少し難易度が下がります

ブラッシンググルームと確立年が被ります。ブラッシンググルームを89年に確立させれば、両立が可能です

コントライトといえば、なんといってもテンポイント・キングスポイント兄弟の父です
他には、地方重賞の勝ち馬をポツポツ出した程度です
金沢のMRO金賞を勝ったジンライが収録されているため、90年まで現役種牡馬でいてくれます

父から系統特性を継承
コントライト
  1. 2017/06/20(火) 01:00:00|
  2. ウイニングポスト8 2017 系統確立メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

系統別メモ ヘイロー系

ヘイロー

確立

確立目安 : 91年~93年

自然確立 : なし

史実馬のみでの確立 : 不可能

確立後の系統特性 : なし

確立例 : (92年) (93年)



保護
(サンデーサイレンス系を除く)

最後の海外史実牡馬 : デアデヴィル・リマト[12年生]

最後の海外因子持ち史実牡馬 : リマト[12年生・セン馬]

最後の国内史実牡馬 : ムードメーカー[16年生・SH]

最後の国内因子持ち史実牡馬 : ムードメーカー[16年生・SH]



その他備考

ヘイローの種牡馬引退は93年

サンデーサイレンス系が親系統に昇格する前に別の子系統を確立すれば、親系統昇格できる
 ・デヴィルズバッグが抜けて簡単、ついでサザンヘイローかセイントバラード



サイアーラインに戻る
  1. 2017/06/19(月) 01:00:00|
  2. 系統別メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒルノダムール繁栄プレイ系統確立年表

82年 ボールドルーラー系親系統昇格
83年 ミルリーフ系確立
86年 ミスタープロスペクター系確立
90年 ブラッシンググルーム系確立
91年 マルゼンスキー系確立
92年 ホイストザフラッグ系確立
93年 ヘイロー系確立
    ミスタープロスペクター系親系統昇格
94年 ダンジグ系確立
95年 ヌレイエフ系確立
96年 ストームバード系確立
97年 サドラーズウェルズ系確立
98年 シアトルスルー系確立
99年 ローソサイエティ系確立
00年 サンデーサイレンス系確立
01年 ニシノスキー系確立
    ダンジグ系親系統昇格
02年 ストームキャット系確立
03年 ゴーンウエスト系確立
04年 ヘイローズイメージ系確立
    ヘイロー系親系統昇格
05年 ダンスインザダーク系確立
06年 エーピーインディ系確立
07年 ラムタラ系確立
    ニジンスキー系親系統昇格
08年 サンデーサイレンス系親系統昇格
09年 サドラーズウェルズ系親系統昇格
11年 ストームキャット系親系統昇格
13年 ガリレオ系確立
14年 マンハッタンカフェ系確立
15年 サザンイメージ系確立
19年 ジョーカプチーノ系確立
24年 ヒルノダムール系確立
    マンハッタンカフェ系親系統昇格


ヒルノダムールは2011年の天皇賞春の勝ち馬
種牡馬としては、ジョーカプチーノと同じく今年の3歳が初年度産駒でした
ジョーカプチーノのより多い産駒数ながら、中央では未勝利での4着が最高と、現状では馬券にすらならない大失敗となっています
皐月賞2着と3歳時から活躍しており、大阪杯勝ちもあって中距離で勝てるスピードもあったのですが、今のところ上手く産駒に伝わっていないようです

ヒルノダムールは母系から特性を継承するので、最悪ラムタラさえ確立すればSP系になります
自身、父、その母サトルチェンジと、3代続けてスタミナ因子を持つので、配合時にスタミナ因子が活性化します
このヒルノダムールからSP昇華配合を絡めて血を繋いでいけば、スタミナを維持しつつレベルの高い箱庭を築けるはずです
ヒルノダムール


ところで、因子活性化の効果はどのくらいなのでしょうか
あくまで一例ですが、今回のデータでは
ヒルノダムールのST値が75、うちの牧場の繁殖牝馬のST値の平均が約45でした
なので、足して2で割って、産駒のST平均は約60になるはずです
ですが、実際には産駒のST平均は約65だったので、因子活性化の効果は決して小さいものではなさそうです
  1. 2017/06/17(土) 01:00:00|
  2. 系統確立年表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジョーカプチーノ系確立 18年末ノーマルBモード

ジョーカプチーノ 2450万 ☆
 ↳自家生産馬 12頭 計7050万 ☆

☆すべて自家生産馬なので簡略化
ジョーカプチーノは所有しないと種牡馬入り出来ないと思います

ジョーカプチーノはNHKマイルCの勝ち馬で、短距離で活躍しました
ダービーでの大逃げが印象に残っている人も多いのではないでしょうか
種牡馬としては今年3歳の世代が初年度産駒でした
20頭にも満たない産駒からジョーストリクトリとマイネルバールマンを出して大健闘、いや大成功しています

父から系統特性を継承
普通はST系、今回はSP系です
ジョーカプチーノ
  1. 2017/06/16(金) 01:00:00|
  2. ウイニングポスト8 2017 系統確立メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サザンイメージ系確立 15年末ノーマルBモード

サザンイメージ 2700万 ☆
 ↳自家生産馬 11頭 計6350万 ☆

☆すべて自家生産馬なので簡略化
サザンイメージには史実産駒が居らず種牡馬入りが不確定なので所有
所有さえすれば特に注意する点もなく、普通に自家生産して確立

サザンイメージは現役時、GⅠ3勝を含む8戦6勝の成績を残しました
種牡馬としては、オセアニアではGⅠ馬を出していますが、北半球ではGⅢ勝ちが精一杯と失敗気味です
日本との関わりで言えば、弟にCBC賞を勝ったブラックバースピンがいます

ヘイローズイメージ確立のために所有したので、ついでに確立してみました
SP系は引き継がれず
サザンイメージ
  1. 2017/06/15(木) 01:00:00|
  2. ウイニングポスト8 2017 系統確立メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ